ローズヒップ

【学名】Rosa canina

【科目】バラ科

【使用部位】果実

【成分】フラボノイド配糖体、フラボノイド、リコピン、ビタミンC、他

【詳細】

ローズヒップはもとからヨーロッパにあった野ばらから取られる実です。観賞用の花とは違い5枚花弁で白か薄いピンクの小さなバラです。ローズヒップは天然のビタミンCが多量に含まれることで有名です。ビタミンCはストレスにより消費され、免疫力とも深い関係があります。また風邪を予防し発熱時の口渇に効果を発揮します。働く女性に日常の保健としておすすめしたいハーブです。