レモングラス

【学名】Cympogon nardus

【科目】イネ科

【使用部位】

【成分】タンニン、他

【詳細】

名前の通り暖かみのあるレモンの香りをもと植物で、料理の香辛料として有名です。
インドの伝統医学アーユル・ヴェーダで長く用いられており感染症、熱病の薬となっていました。レモングラスはどんなときでもブレンドの風味を整えます。腹痛、下痢、頭痛、発熱、インフルエンザの治療に利用。消化不良、胃腸不全を改善するので、胃もたれの予防に効果的。胃液の分泌を促し消化を助けます。食後の前後、飲用すると胃腸の働きの弱い人には特に役立ちます。殺菌作用。中枢神経に作用しますのでストレスや神経疲労のある場合に気分をリフレッシュさせ適度なリラックスを与えます。収斂作用があり抽出したハーブティーを湿布に用いると緩和な引き締め効果が得られます。バイタリティーと確信を与えてくれます。自分の可能性を再発見。