ベルベーヌ(レモンバーベナ)

ベルベーヌ

【学名】Lippia citriodora

【科目】クマツヅラ科

【使用部位】

【成分】タンニン、他

【詳細】

ヨーロッパのベルベーヌはよくバーベインと呼ばれ、古くから夏至の日に魔力の高まる魔法の草で、様々な儀式に用いられていたといわれています。名前の通りレモンの香りのするハーブです。爽やかなグリーンがかった香りはブレンドにすると飲みやすくさせます。消化を助け、胸焼け、胃腸の不調を助けます。フランスでは食後などに飲むのが定番になっているハーブティーです。月経に伴う偏頭痛にも効果があります。神経の緊張、神経過敏、神経疲労などにも。抑うつ作用があり、気分を明るくします。
気管支のサポート。