ジャーマンカモミール

ジャーマンカモミール

【学名】Matricaria chamomilla

【科目】キク科

【使用部位】

【成分】

【詳細】

カモミール独特の蜜りんごのような香りが特徴のハーブです。その為古代ギリシアでは、「地上のりんご」と呼ばれていました。カモミールには体内の平滑筋という筋肉の組織を落ち着かせる作用があり、腹痛や胃痙攣、女性の生理痛などを和らげる効能があります。また、カモミールに含まれるアズレン誘導体という物質が胃の粘膜を修復して丈夫にし、消化機能を正常な状態に整えてくれます。過敏性腸症候群や胃潰瘍などストレスからくる症状にもとても効果的です。その他にも、次のような効能・効果が秘められていると言われています。皮膚を様々な刺激から守り、膀胱の炎症や気管支の炎症などを和らげてくれます。カモミールティーの蒸気を吸入すると、花粉症や鼻づまりの症状が軽くなります。心身をリラックスさせる効果があり、夜寝る前にカモミールティーを飲む と不眠症を改善し、よく眠れるようになります。カモミールティーをリンスとして使用すると、髪につやを出すことができ ます。貧血や冷え性を改善し、吐き気を抑えてくれます。鎮静、抗炎症、抗痙攣、発汗、消化促進、抗菌、殺菌、
利尿、嘔吐予防