シナモン

シナモン

【学名】Cinnamomum verum

【科目】クスノキ科

【使用部位】樹皮

【成分】

【詳細】

シナモンには毛細血管を保護する役割を持つため、毛細血管の減少や損傷から起こるシミ、シワ、たるみの予防・解消の効果も期待できます。抗菌作用、発汗作用・健胃作用、血行の改善による冷え性・肩こりの改善など幅広い有用性が知られています。 また最近では、血糖値や中性脂肪・コレステロール値の低下など、生活習慣病を予防する作用に注目が集まっています。シナモンは鎮痛剤の役目をすることがあります。女性に多い頭痛などにも効きます。またホルモンに作用し血管を拡張して筋肉痛を緩和したりします。生理の重い方はシナモンを摂るようにすると症状をやわらげてくれます。身体を芯から温めてくれます。疲れきって無気力な状態を活性化する働きがあり、物事に前向きに取り組む意欲を高めます。孤独感・孤立感から解放し、心を元気づけてくれます。呼吸器系の強壮作用、消化器系の不調の改善、強壮作用など。今ここ全力投球。今過去を手放し、今を生きる喜びをもたらす。